JAZAからのおしらせ

今後の動物園・水族館の未来について考えるシンポジウムを開催します。

 

シンポジウムテーマ:

第3回「いのちの博物館の実現に向けて-消えていいのか、日本の動物園・水族館」

 

 動物園や水族館の最大の魅力は、生きた本物の動物に向かい合い、体感できることです。しかし、近年、動物園・水族館をとりまく環境は厳しく、新たな未来像が求められています。このシンポジウムでは、動物園・水族館を「いのちの博物館」ととらえ、その果たすべき役割、課題などについて考えます。
 

 
 日  時:平成25年9月1日(日)13:00~17:00
 会  場:京都大学百周年時計台記念館
 主  催:公益社団法人日本動物園水族館協会(JAZA)、日本野生動物医学会
 共  催:京都大学野生動物研究センター、京都市動物園、京都水族館
 後  援:環境省近畿地方環境事務所、京都府、京都府教育委員会、京都市教育委員会、
      公益財団法人日本博物館協会、公益社団法人日本植物園協会、公益社団法人日本獣医師会、
      社団法人京都府獣医師会、公益社団法人京都市獣医師会、文化資源学会、公益社団法人日本獣医学会
 参  加:無料 事前申込み不要
 

     詳しくは、こちらのPDF案内資料をご覧下さい。
     参考資料 広報戦略会議から日本動物園水族館協会への提言

    ※このシンポジウムは、野生動物医学会・京都大会のプログラムのひとつである市民公開講座として
      開催します。
   ・問い合わせ先
      日本野生動物医学会 京都大会 事務局
          電話075-771-0210

 

ページ先頭へ戻る▲

 

Copyright (C)2011 Japanese Association of Zoos and Aquariums All Rights Reserved.

このホームページの著作権は公益社団法人 日本動物園水族館協会に属します。記事・写真の 無断使用をお断りします。

〒110-8567 東京都台東区台東4-23-10 ヴェラハイツ御徒町402