JAZAからのおしらせ

今後の動物園・水族館の未来について考えるシンポジウムを開催します。

 

シンポジウムテーマ:

第5回「いのちの博物館の実現に向けて-消えていいのか、日本の動物園・水族館」

 

動物園や水族館の最大の魅力は、生きた本物の動物に向かい合い、体感できることです。しかし、近年、動物園・水族館をとりまく環境は厳しく、新たな未来像が求められています。このシンポジウムでは、動物園・水族館を「いのちの博物館」ととらえ、その果たすべき役割、課題などについて考えます。
 

 
 日  時:平成26年7月6日(日)13:00~16:00
 会  場:富山国際会議場大手町フォーラム メインホール
 主  催:公益社団法人日本動物園水族館協会(JAZA)、富山市、公益財団法人富山市ファミリーパーク公社
 共  催:NPO法人きんたろう倶楽部、輝けいのち協議会、呉羽丘陵にホタルを呼ぶ会、 市民いきものメイト、
      富山県ホタルの会、悠久の森実行委員会(以上、五十音順)
      公益社団法人日本動物園水族館協会中部ブロック
 後  援:環境省中部地方環境事務所、富山県、富山県教育委員会、富山市教育委員会、富山県博物館協会、
      公益財団法人日本博物館協会、公益社団法人日本植物園協会、文化資源学会
 定  員:400名

     詳しくは、こちらのPDF案内資料をご覧下さい。
     参考資料 広報戦略会議から日本動物園水族館協会への提言

 

応募方法:平成26年6月5日から先着順に受け付けます。    
      参加希望の方の氏名、住所、電話番号を記入して下記へお送りください。確認後、事務局か
      参加証を返信します。6日経っても返信が無い場合は、下記事務局あてにお問い合わせください。

   ・往復はがき
      往信面通信欄に参加希望者全員の氏名、年齢、代表者の住所、電話番号を明記して、下記の宛先へ
      お送りください。

    <あて先>〒930-0151 富山県富山市古沢254 富山市ファミリーパーク「7/6シンポジウム」係
   ・e-mail
       info@toyama-familypark.jpへお送りください。参加証は添付ファイルとして返信します。
   ・ファックス
       「7/6シンポジウム」と明記して076-434-1208までお送りください。
        折り返し参加証をファックスで返信します。

 

※このシンポジウムは、富山市ファミリーパーク開園30周年記念事業の一環として開催します。

 

問い合わせ先:富山市ファミリーパーク 「第5回シンポジウム事務局」
        TEL 076-434-1234   FAX 076-434-1208

 

ページ先頭へ戻る▲

 

Copyright (C)2011 Japanese Association of Zoos and Aquariums All Rights Reserved.

このホームページの著作権は公益社団法人 日本動物園水族館協会に属します。記事・写真の 無断使用をお断りします。

〒110-8567 東京都台東区台東4-23-10 ヴェラハイツ御徒町402