サイト名

動物園と水族館ホームページは、公益社団法人 日本動物園水族館協会の情報満載です。

トップ > 日本動物園水族館協会の声明

日本動物園水族館協会の声明

 

単独飼育ゾウの環境改善について

平成 29 年 12 月 27 日

公益社団法人日本動物園水族館協会

 

 日本動物園水族館協会 JAZA は動物の愛護及び管理に関する法律(動物愛護管理法)を遵守して動物本来の習性にあった飼育を実現すべく、日々、取り組んでいます。

 ゾウについても、社会性の強い動物であり、個体どうしのコミュニケーションがゾウを健康に飼育するうえで大切であり、動物福祉の観点からも複数頭の飼育が肝要であると考えています。しかし、現状はゾウを単独で飼育している施設が少なからず存在しており、ご批判をお受けしています。

  この現状の解決策として、私たちは、単独飼育ゾウを移動して可能な限り複数同居を進めていく所存です。しかし、長期間、単独でくらしてきたゾウを同居させることが、時にゾウに大きなストレスをもたらす結果になることも経験してきました。

  そこで、ゾウの性格をみながら複数飼育を試みると共に、現在、単独でくらすゾウには、 環境エンリッチメントをすすめ、飼育環境を豊かにしてゾウがいろいろな行動を自ら選択できる環境作りをすすめていこうと考えています。

 単独飼育ゾウの飼育環境改善は個々の園館の努力だけで解決できる問題ではありません。

 JAZA に組織されているゾウ会議が中心となって知恵をしぼり、個々の園館と連携して環境改善に取り組んでまいります。

 市民のみなさまには引き続いてのご理解とご協力をお願い申し上げます。

 


 

 

動物福祉に配慮した展示動物の飼育について

2017 年 6 月 16 日

公益社団法人 日本動物園水族館協会

 

 (公社)日本動物園水族館協会では倫理福祉規程を作成し、加盟園館が展示動物の福祉向上に努めることとしています。展示動物をその習性にあった環境で飼育するこ とが繁殖に好影響を与えます。また、快適な環境にくらす動物を見ることで来園者は動物のことを正しく理解し、快適な時間を過ごすことができると考えます。

  当協会加盟園館ではありませんが、最近、マスコミや動物の専門家の間で飼育環境や飼育方法について話題となっている動物展示施設があります。

 一つは、滋賀県のショッピングモール内にある動物園です。ここで飼育されているライオンの飼育施設が狭く、その健康管理も不十分だと議論されています。滋賀県庁 の担当者に状況を伺いましたが、現場視察の後、改善計画を出すように指導したということでした。県の指導がきちんと果たされることを期待しています。

 もう一つは熊本県内の動物展示施設です。ここで2015年 9 月に生まれたチンパンジーの子どもを、弱っているように見えたからと母親から放して人が親代わりとなって育て、2016年 7 月からショーに出演させています。チンパンジーの子どもを母親から放して人が育てると、チンパンジーとして生きていくうえで必要なことを母親から学ぶことができません。赤ちゃんが元気を回復したらすみやかに母親に戻すのが、チンパンジーを飼育する基本です。人に刷り込まれたチンパンジーの未来は明るくありません。

 2つの事例について当協会の考えを公開ホームページ上で表明させていただきました。

  (公社)日本動物園水族館協会加盟園館一同、飼育動物をできるかぎり快適な環境でくらせるように日々、努力してまいりたいと考えています。引き続き、みなさまの ご理解とご支援をお願いいたします。

 


ページのトップへ戻る